東海オンエアしばゆー愛好ブランド!異なる素材とアイデアの融合 ウブロ(HUBLOT)の魅力

東海オンエアしばゆー愛好ブランド!異なる素材とアイデアの融合 ウブロ(HUBLOT)の魅力

高級スーツブランドばかりを取り上げえていましたが、個人的には時計も大好きです笑

腕時計もこだわれば、時間を知らせる以上の何かを与えてくれます。

東海オンエアーのしばゆーさんもウブロの時計を愛用していますね。ラファエルさんも愛用してた気が、、、売ったかな?笑

ウブロの歴史

1979年、イタリアの時計・宝石メーカービンダグループのカルロ・クロッコがニヨンで創業開始しました。

1980年に当時には考えもしなかった金とステンレスのケースと天然ゴムのラバーベルトを組み合わせた『クラシック』でバーゼルデビューします。

この新しい組み合わせは時計業界で異端扱いされたもののイタリアのファッション業界で人気を博し、世界に広がっていきました。

現在ではウブロが独自開発し特許を取得した「傷つきにくい18kゴールド合金」やカーボンファイバーなどあらゆる素材を組み合わせ時に作り出し、世界中の人々を魅了しています。

時計の素材に限界はない

ウブロは伝統的な金合金から最近ではカーボンファイバーなどあらゆる素材を融合させ、それを芸術的に時計としてのデザインに落とし込みます。

ウブロの素材化学技師は”何か珍しいものや他と違うものが欲しいなら、自分自身で作るしかない”といって世界初にして唯一の傷つきにくい合金を完成させてしまいました。

さらに明るい色付きのセラミックである「レッドセラミック」、世界記録で50日間のパワーリザーブに成功。

他にも銅、マグネシウム、亜鉛、マンガン、チタニウムが合わさったアルミ合金があり、成分表はまるで花火です。

この勢いだといつかウランでさへ腕に巻ける時代が来るかもしれません。

新しいアイデアの最前線 ウブロデザイン

世界中のスターやエグゼクティブが愛用し、成功を目指すものは同時にウブロを目指す理由は革新的で芸術的なデザインにあります。

アイデアが鉛筆で書かれ、仮想モデルが作られ、最後にプロトタイプが組み立てられる。一つ一つの段階には大きな問題が山ほどあります。普通のメーカーであればアイデアの次には技術的問題でとん挫することが多々あるかもしれませんが、ウブロはほとんど実現させています。

少なくとも無理やり仮想モデルを作ることはしているでしょう。それほどまでに、根気強く、情熱と技術をもって、試行錯誤を繰り返してデザインを実現させる、だからこそ価値が高く、革新的なのです。

パートナーはフェラーリ

車好きじゃなくとも、『フェラーリは世界最高の車』というのはご存じでしょう。個人的に崇拝しています。

そう!ウブロはスクーデリア・フェラーリのパートナーなのです。

最新作の「フェラーリ GT3D」は見ているだけで震えました。ボディはフェラーリが担当し、精巧な機構はウブロが担当した共同作品は、まさに頂点です。

あぁ、、、ビックバンが欲しい…