ラファエル愛用!クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)の魅力

ラファエル愛用!クリスチャンルブタン(Christian Louboutin)の魅力

ユーチューバーのラファエルさんや浜崎あゆみさんなどなど多くの著名人に人気のルブタン。

オシャレ意識の高い人は必ず憧れるアイテムです。

そんなルブタンの魅力に迫ります。

ルブタンの歴史

1992年、フランス出身のクリスチャン・ルブタンが自身の名を冠して、ブランドを立ち上げます。

最初の顧客はモナコの王妃、カロリーヌ妃で、彼女がパリのサロンに訪れ大絶賛。そこから瞬く間にうわさは広がり注目を集めます。

その後はマドンナ、カトリーヌ・ドゥヌープなど大御所の顧客が連なり、マドンナに至ってはことあるごとにプロモーショやMVにルブタンの靴を履いたため、黙っていてもルブタンの名は世界にとどろいていきました。

たった20年で世界中に支店を展開し、毎年50万足以上を入り上げるまでに成長。2011年には最も検索されたシューズブランドに輝き、冒頭で紹介した通り数えきれない著名人たちが愛用しています。

有村架純も愛用しているんですよ!?芸能人になったらルブタンを履く決まりでもあるんでしょうか。

とにかく奇抜なデザイン

パリコレの凡人にはできないほど奇抜な服を着ていても、ルブタンの靴を履けば足元もに目線が集中するほどデザインは奇抜です。

その代名詞がなんといっても『レッドソール』。発想はマニュキアを靴底に塗るというぶっ飛んだものから来ており、靴の底にまでこだわるのは世界でもルブタンぐらいでしょう。車で言うとエアコンの配線にエンブレムをつけるのと同じくらい珍しいことです。

スタッズのついたシューズは先端恐怖症の人にはたまらない魅力を醸し出し、目が覚めるようなカラーリングは3キロ先からも見分けられます。

普段のコーディネートに一つ取り入れるだけで、華やかになるのはルブタン最大の魅力と言えます。

履きやすさ

これは女性のハイヒールなどに限られますが、最高に履きにくいそうです。

ルブタン自体も宣言しており快適な靴ではなく、女性が履いて美しく見える靴を採用しているため、履きやすさは二の次三の次です。

しかし、女性が履いた時のシルエットの美しさは間違いなく世界一です。それだけのためにデザインされたハイヒールは芸術の域です。

ウエディングシューズの代名詞

女性の足元をエキゾチックに演出してくれるルブタンはウエディングシューズの大本命なんです。

ルブタンのシューズは最低でも10万円は下らない最高級の靴。さらに、『シンデレラ』の実写映画の記者会見でリリージェームズが履いていた靴はルブタンがデザインしたものです。

女性が人生で一度シンデレラになれる日には、そんな高級で世界一美しくなれる靴を履くべきでしょう。

ルブタンを着こなす有名人

河北麻友子

ローラ

アンジェリーナ・ジョリー

アン・ハサウェイ

サラ・ジェシカ・パーカー