フランス発のトップブランド ディオール(Dior)の魅力

フランス発のトップブランド ディオール(Dior)の魅力

創業開始した翌年にデビューコレクションを開催、そこで発表された【コロールライン】は当時のファッション業界に革命を起こしました。

デビューコレクションでトップブランドの仲間入りを果たしてしまったスーパーブランド、「ディオール」の魅力をご紹介します。

ディオールの歴史

1946年、クリスチャンディオールがフランス・パリで自身のブティックをオープンしました。

1947年、デビューコレクションを発表し、丸みを帯びてなだらかに肩に細く絞ったウエストで曲線を強調したロングスカートのシルエットは「コロールライン」と呼ばれ当時大流行。

美しいシルエットとディオール掲げるエレガンスは瞬く間に世界中で人気を博し、1950年代のファッションをリードするブランドとなりました。

シーズンごとに新ラインを発表するという現在でこそ当たり前ですがこの流れを作ったのは、ディオールでした。

日本で最初にショーを開催した欧州ブランドでもあり、日本国内でもファッション革命を起こしています。

展開している分野が広い

ディオールが展開しているラインや部門は多岐に渡り、ざっと上げるだけでもアパレル、バッグ、ジュエリー、時計、コスメ、レザー製品、、、、と、とにかく幅広いです。

部門が多いだけに商品の数も膨大。

しかしすごいのはどの商品にもディオールらしい美しさとエレガントさが組み込まれており、クオリティーは間違いなく世界トップクラスです。

もちろん支店も世界中に持っており、パリ、ミラノ、ローマ、NY、香港、上海、そして我らが東京。これだけでディオールがどれだけ世界のファッション業界に影響を与えたかがわかります。

日本だけでも北は北海道札幌から、南は沖縄まで、全国各所にブティックを展開。どちらかというと日本だとコスメの方がアパレルより人気かもしれませんね。

とにかく、展開力のあるブランドなんです。

洗練されたメンズライン

もちろん、ディオールはメンズラインも持っています。しかもかなり人気。

シンプルなデザインが多く、あらゆるシーンに対応してくれます。財布などのファッション小物が特に人気で、クリスマスには持って来いのアイテムが多く取り揃えられています。

Dior homme ラウンドファスナー長財布

さすがはディオール。ロゴパターンにレッドのチェックプリントをあしらったこの財布は男性でもエレガントに持ち歩けます。

カジュアルな雰囲気もあり、あか抜けた感じがでるデザインが特徴的です。

使い勝手も抜群で収納スペースは豊富、生地も丈夫にできているためハイブランド初心者でも気張らず使い倒せます。

ファーレンハイト

日本だと香水やコスメの方が有名かもしれません。ってことでメンズ向けフレグランスのご紹介です。

ディオールフレグランス部門の中でもぶっちぎりロングセラー。つまり世界中でロングセラーの間違いないフレグランスです。においの表現は正直難しいのですが、一言でいえば情熱的。

ベルガモット、ラベンダー、レモン、キンモクセイ はさわやかでフレッシュな香りを放ち、誰もが吉沢亮に近づける魔法のフレグランス。

ジャスミン、スズラン、サンダルウッド はつけるだけでマイナスイオンを感じられるほどウッディーな香り。

アンバー、パチュリ、レザー、ムスク はつければ雰囲気「大谷亮平」です。つまりは男らしい。

そろそろクリスマスプレゼントを選ぶ時期になってきました。世の中の女性で彼氏になに渡そうか迷っているならディオールを渡しておけば半年以内にプロポーズが返ってくるためおすすめです。

ただ少なくとも私の高校生時代に買える値段ではありませんでした。