人と違う個性派ファッションをお求めの方必見! エトロ(ETRO)

人と違う個性派ファッションをお求めの方必見! エトロ(ETRO)

テキスタイルとファッションを極めに極めたブランド、エトロ。

19世紀後半に消えてしまったカシミールショールにインスピレーションを受けてモダンなデザインのペイズリー柄に蘇らせ、その独自の解釈と完成された技法で有名なブランドです。

あまり日本では聞きなじみのないブランドかもしれませんが、間違いなく芸術的で個性的なアイテムを揃える高級ブランドです。

エトロの歴史

1968年、ジンモ・エトロがイタリア、ミラノに設立しました。

19世紀後半に消失してしまったカシミールショールを自らの手で復活しようとスタートさせたエトロですが、カシミールの歴史からひも解き、織り方を研究し、と半端じゃない情熱と努力の結果があってのことでした。

設立直後に発表されたエトロのペイズリー柄は緻密なディテールに美しい紋様、モダンなデザインのテキスタイルでファッションの定番の柄となりました。

1981年、ペイズリー柄のカーテン、ファブリック、家具といったインテリアコレクションを発表しました。

1985年、ホームコレクション、1898年にはフレグランスを発表し着実に一度は失われし芸術的なスタイルを広めていきました。

1996年、アパレルでレディースコレクション、97年にはメンズコレクションを発表しどちらのラインも世界的に高い評価を受けました。

インドの伝統的なショールのデザインにモダンな印象を与え時代に合わせ新しいスタイルを提案し続けています。

エトロのデザイン

インドのカシミール地方で伝統的に生産されていたショールがあります。そんなカシミールショールにインスパイアされたペイズリー柄をアイテムに取り込んでいくのがエトロのデザインです。

植物を幾何学的に描いたペイズリー柄がインド元来の織物デザインなのですが、これをエトロはイタリアらしい情熱的な色使いでモダンにアレンジ。悪目立ちするような散漫なものではなく、芸術的にまとまっています。

このデザインはブランドの象徴になっています。柄を前面に出していないアイテムでもどこかにペイズリー柄が入っているほど多用されています。エトロ自体がこの柄気に入っている感じです。

人気のネクタイ!!

もちろんペイズリー柄が施されていて最もエトロのイメージを凝縮しているアイテムがネクタイと言えます。

圧倒的美しさのプリント、他にはない独特のセンス、印象は明るくつけているだけで陽気になれます。一見派手に見えますが実際につけてみると驚くほどスーツに調和します。

ラグジュアリーとエキゾチックがきちんと存在しています。

そんなエトロの魅力を最大に発揮してくれるネクタイ、決して安くはありません。Amazonでは1万円代からありますが、百貨店などできちんと買うと3万円以下はありません。