超個性的でユーモラス モスキーノ(MOSCHINO)

超個性的でユーモラス モスキーノ(MOSCHINO)

イタリア発の超個性派ブランド『モスキーノ』。

日本国内でも人気があり、その上質な素材と実用性で高度経済成長期にはディスコブームとともに注目を浴びた。

モスキーノの歴史

1983年、フランシスコ・モスキーノによって設立された、ムーンシャドウ社のブランドです。

1984年、レディースコレクションを発表し、1986年にはメンズコレクションを発表しています。

それからジーンズやモードテイストなど様々なコレクションを発表していきました。

2015年に発表されたテディベアは現在でもブランドのアイコンとなっています。

過激なデザイン

モスキーノの最大の特徴は何といっても過激なデザインです。

アパレルというよりはすべての製品がアート作品のように刺激的でゴージャス。登場間もなくの頃はネオンカラーや原色にロゴを強調したデザインが中心に展開されていましたが、最近ではコレクション全体にポップアート調でハンバーガーショップのロゴや服のボタンが大きくデフォルメされた服など強烈なインパクトを残す製品が多いです。

いや、強烈なインパクトは元からか。

とにかくアパレルだけじゃなく香水のボトルのデザインまでユーモアあふれるデザインがなされています。

こだわりの素材

イタリアのブランドは基本職人気質で、常に完璧を求めます。

もちろんモスキーノも例外ではありません。

素材と仕立てには徹底的にこだわり、最高品質を維持。過激なデザインと日常生活でもがんがん使っていける実用性を実現しました。

モスキーノジーンズに関しては名前まで改名しマイナーチェンジを繰り返しています。

その結果、着実に人気を増やし、商品のクオリティーは年々確実にレベルアップしています。

今年の新作はどんなデザインなのでしょう?楽しみですね!